1. 毛先を巻いてみる
  2. センター分けにする
  3. ヘアアクセサリーを利用する
  4. まとめ

ボブは見た目がスッキリしていてカワイく見えるので人気のヘアスタイルです。

しかし、まとまり易い分いつも同じ印象になってしまいがちです。

気になる男性がいる集まりに参加する時には、普段とは違うヘアアレンジをしては如何でしょうか。

ボブで簡単にできるヘアアレンジを下記に紹介します。

毛先を巻いてみる

日本人はストレートでコシの強い髪質の女性が多く、ボブに向いています。

そんなストレートのボブを簡単にヘアアレンジする方法として、毛先を巻いてみると良いでしょう。

パーマをかける必要はなく、自宅でドライヤーを使って簡単にできます。

外ハネは、ストレートより活発なイメージがするヘアアレンジです。

スタイリング剤を付けるとキレイな外ハネに仕上がります。

内巻きは、より女性らしさをアピールできるヘアアレンジです。

小顔効果もあり、うなじのラインがキレイに見えます。

オフショルダーなどエレガントなデザインの洋服を合わせることで、男性の注目を集めるでしょう。

センター分けにする

ボブというと前髪があるヘアスタイルが多くなります。

簡単にできるヘアアレンジとして、前髪を出して額を見せるとのもおすすめです。

センター分けは平安時代の貴族の女性がしていたことから古風なイメージがあります。

ひっつめた様にきっちりと分けると、真面目でお固く見えてしまい、髪のボリュームが少ないと貧相になってしまいます。

少し髪にウェーブをつけてざっくりと持ち上げる様にセンター分けにすると、ざっくばらんなイメージになります。

また、日本人は頭蓋骨の幅が狭く、分け目部分が短くすぐに頭頂部に達してしまい、額の狭さが強調されてしまう人もいます。

その様な場合は、分け目をはっきりと付けずにざっくり分けたり、わざとジグザグにして小悪魔的な雰囲気にするのがおすすめです。

男性が話しかけた時に他の女性とはちょっと違う返事が返ってきそうという期待が感じられるヘアアレンジです。

ヘアアクセサリーを利用する

ボブで簡単にできるヘアアレンジとして、ヘアアクセサリーを使用するという方法があります。

大き目のバレッタは役に立つアイテムで、無造作に留めるだけで普段とは違う雰囲気を演出できます。

バレッタの使い方は自由ですが、定番は以下の通りです。

後ろ留め

耳より上の部分の髪の毛を後ろでまとめて結びます。

次にトップ部分の毛を引っ張る様にして、ボリュームを出します。

後ろで結んだゴムの部分と、残りの下部分の髪の毛を合わせて大き目のバレッタで留めます。

トップと後ろのバレッタのボリュームが華やかさを演出してくれます。

サイド留め

片方のサイドの髪を耳の後ろにもっていき、バレッタやヘアピンで留めるヘアアレンジです。

この時にサイドの髪をねじる様にすると、よりエレガントに仕上がります。

ボブの長さが生かせてとても簡単にできるので、帽子をかぶっている時などは目的地に着いてからでも化粧室でアレンジが可能です。

顔の左右の印象が変わるので、新鮮でカワイらしく見えます。

後ろまとめ

ボブで何とか後ろで髪を結べるという人は、まとめてしまうとかなり印象が変わります。

大きなクリップで無理矢理後ろで結んで留めると、後れ毛が出て可愛らしく仕上がります。

きっちりとひっつめるのではなく、手で緩やかまとめるのがコツです。

耳の後ろ部分があまりにも飛び出す場合には、ピンで留めるとオシャレに見えます。

まとめ

ボブは意外と簡単にヘアアレンジができるヘアスタイルです。

その時の気分や服装に合わせて幾つかのアレンジパターンを身に付けておきましょう。

会社の飲み会の場合には、仕事中とアフターファイブでサッとヘアアレンジをすると、周囲の男性から好感を持たれ易くなります。