保育士はとっても忙しい仕事ですが、
女性として幸せになる権利はあります。

ステキな恋愛をして祝福されて結婚したいですよね。

しかし、保育士の仕事は毎日子供の世話をしなければならず、
中々まとまった休みを取ることが難しいものです。

周囲に迷惑をかずに済む、
保育士が結婚するのにベストな時期とタイミングはいつなのでしょうか。

  1. 7月の夏休みに入ってすぐ
  2. 運動会が終ってすぐの11月
  3. 卒園式が終わった3月末
  4. 退職してからゆっくりと
  5. おすすめしない時期: 4月
  6. おすすめしない時期: 年末
  7. まとめ

7月の夏休みに入ってすぐ

保育園や幼稚園は、
4月は新しく入ってくる乳幼児の世話に追われます。

4月~5月まで、保育士の人数を増やして対応するというところも多くあるのです。

そして7月にもなると、
段々と小さい子供達も保育園や幼稚園での生活に慣れてきて、
落ち着いてきます。

夏休みまでは特に大きな行事はなく、
通常業務でこなせることが多いのです。

7月になるとプールが始まりますが、
大きな行事はそれ位です。

秋の運動会にもまだ日数があるので、
企画段階です。

更に、夏休みは大学の保育科の学生達の職場体験などがあり、
保育園では一時的に人数が確保できます。

この時期に結婚をすれば、他の保育士さん達にも負担をかけずに済みます。

運動会が終ってすぐの11月

保育園や幼稚園で最も大きな行事が運動会です。

多くの場合、運動会は10月中に行うことが多く、
それが終わると12月のクリスマスの時期までしばらく大きな行事がないところも多いのです。

1月~2月にかけてお遊戯会が開かれるところもあり、
12月になると本格的に練習が始まります。

その為に、結婚式に招待しても同僚の保育士に参加して貰えないこともあるのです。

それを考えると、運動会が終ってすぐのタイミングがおすすめです。

次のイベントに向けて準備を始める直前段階ですので、
休みも取り易く同僚も出席し易くなります。

卒園式が終わった3月末

幼稚園や保育園にとっては3月は卒園式のシーズンです。

そして4月には入園式を迎えてひっくり返る程忙しくなります。

卒園式が終わって4月になる直前の、
3月末に結婚式を挙げれば、同僚の保育士も出席し易くなります。

隙間日なので、本人にとってはかなり忙しくなりますが、
周囲に迷惑はかけにくい時期です。

但し、そのまま新婚旅行に行くのは難しいので、
5月のGWや夏休みに振り返る様にすることも考えましょう。

退職してからゆっくりと

在職中に結婚式を挙げると、
取りあえず勤務している幼稚園や保育園の園長や上司等を招待する必要があります。

一方、退職してからしばらくしてから結婚式を挙げるのならば、
身内だけということにして本当に親しい友人のみ招待することができます。

退職することで結婚式の準備に集中できるし、
結婚式後にそのまま新婚旅行にも行けます。

披露宴の費用を抑えたい、
職場に迷惑をかけているという罪悪感を持ちたくない人は、
退職してからゆっくりと結婚式を挙げるのが一番です。

おすすめしない時期: 4月

4月は新年度となり、
新しく担任や担当を受け持つことになります。

もしも4月に担当者になり、
すぐに結婚して休暇を取ったならば、
保護者からも良い印象を持たれません。

「まだ園に馴染めていない子供も多くいるのに、
何の為に担任・担当になったの」と言われ兼ねないのです。

4月に結婚式を挙げるならば、
式だけ挙げて後は普通に出勤できる場合に限ります。

おすすめしない時期: 年末

年末ならば園も休みになるし、
行事もないから大丈夫だろうと思う人もいます。

しかし年末は、皆がプライベートで忙しくなるし、
お金もかかる時期です。

家族がいればクリスマスやお正月の仕度をしなければならないだろうし、
里帰りを擦る人もいます。

この時期に結婚式を挙げるのは周囲にとって迷惑になりますので、
式は身内のみで挙げる地味婚にした方が良いでしょう。

まとめ

保育士が結婚するのにベストな時期とタイミングは、
夏から秋にかけての時期で、
運動会が終ったタイミングです。

折角ですので出席をした他の保育士達にも楽しんで貰える時期を選びましょう。