保育士といえば,
毎日子供達の世話をしながら,
少しずつ生活習慣を身に付けさせていく,
「もう一人の母親」の様な存在です。

乳幼児が相手なだけに,
少しでも子供に変化を感じたら,
何かしらの対処をする必要があり,
責任の重い仕事です。

そんなやり甲斐のある,
保育士の恋愛事情についてはどうなのでしょうか。

【関連記事】保育士は彼氏ができないと不安に思う必要はない?

AomidoriIMGL1369 TP V


  1. モテるけれども自分から行動は起こせない
  2. 出会いがないなら自分で作る
  3. 付き合う上での問題


モテるけれども自分から行動は起こせない

保育士の恋愛事情として,

「モテるけれども自分から相手をゲットするのは難しい」

という点があります。

多くの男性が,
恋人にしたい女性の職業のランキングに「保育士」を挙げています。

Lala 426720140921153047 TP V


理由は,

「母性本能が強くて頼りになりそう」

「家庭的な雰囲気」等の良いイメージがあるからです。

確かに合コンをすると,
保育士ということで,
注目を浴びてモテることに間違いありません。

しかしそれはあくまで男性にとって,
一般的なOLとは違い未知の部分があり,
職業に興味をそそられる部分が大きいのです。

合コンで男性の食いつきが良くても,
仕事の話題が終ってしまうと,
普通の女性と変わりません。

職業の他に相手を惹きつける様な魅力がないと,
その場限りの関係で終ってしまうのです。

保育士は普段は,
子供や同僚の女性保育士ばかり相手にしていますので,
合コンの場になると男性と,
どう接して良いのか分からなくなってしまいます。

質問には答えられるけれども,
自分から気の利いた相槌を打ったり,
話題を提供するのが苦手,
という人も多いのです。

確かにモテるけれども,
それ以上の関係に発展しにくい,
というのが一般的です。

出会いがないなら自分で作る

保育士の恋愛事情として,
彼氏がいない訳ではない,
という点もあります。

保育士の仕事は毎日が,
子供の世話と保護者とのやり取り,
イベントの準備やミーティングになります。

幼稚園や保育園という塀で,
囲まれた場所での仕事になり,
男性と出会うチャンスはほぼありません。

しかし全く出会いのチャンスがなれば,
仕方なく自分で行動してみようという気持が湧くものです。

多くの保育士は,
学生時代からの付き合いを大切にしておき,
その友人の会社の同僚や先輩を紹介して貰ったりしています。

SNSや趣味のサークルなどを通して出会う人も多く,
最初から保育士であると言わずに知り合ったという人も多くいます。

取りあえず彼氏はいる,
しかし結婚するかどうかは分からないという状態が一番多いのです。

出会いがなかなか見つからない方はこちらも!
【関連記事】保育士の出会いの場はどこ?おすすめのスポットとは

付き合う上での問題


「時間が合わない」

保育士の恋愛事情として,
付き合い始めてから,
色々と問題が出るというケースも多くあります。

最も多いのが,
保育園の場合延長保育があるとシフト制になることが多く,
朝は早く夜は遅いことがあったり,
土曜出勤もあるということです。

幼稚園ならば楽かというと,
幼稚園はイベントが多い為に,
夕方から夜にかけて保育士は準備や作業に追われます。

基本的に子供は自分からは何もできないので,
お遊戯会や遠足,
運動会やお楽しみ会などは,
全て保育士がおぜん立てしてあげなければなりません。

中には衣装や小道具の準備を保育士が手作りで行うところもあり,
普通のOLの様にアフターファイブがない場合もあります。

しかしそれを言えば,
男性の方が忙しくて時間が取れないというケースも多くあります。

時間が合わなくて上手くいかないカップルの場合,
何とか都合を付けてでも会いたいという気持が薄いだけです。

結局は時間が合わないのではなく,
時間を作ってまで会いたいと思える相手ではない,
ということが問題なのです。

PAK15 saikindeaiganaina TP V


「期待され過ぎる」

保育士というと,
いつも子供と一緒に笑顔で,
過ごしている様子がイメージできます。

男性も

「いつもニコニコと優しくしてくれそう」

と期待するでしょうが,
保育士の仕事はシビアです。

笑顔を作りながらも常に周囲の状況に気を配り,
危険があれば回避させる行動を取ります。

その為に保育士の彼女に対して,

「思ったよりも優しくない」

と思ってしまう男性もいるのです。

保育士の恋愛事情は様々ですが,
決して彼氏ができなかったり結婚ができない職業ではありません。

世の中には必ず価値観が同じで,
保育士の仕事に理解を持ってくれる男性がいますので,
自分から行動を起こして探していくのがおすすめです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク