IMG 4255


男性は女性ほど,
手紙のやり取りをする習慣が少ないため、
手紙をおくられると,
それだけで相手の自分に対する気持ちが,
重すぎると感じてしまうことがあります。

Fukidashi

せっかく書いて渡したのに,
マイナスに感じられるのは,悔しいな。

伝えたいことを形にしたのに,
きちんと伝わらないのは,
かなりツライですよね。

今回は,彼氏の誕生日に渡して,
喜んでもらえる手紙の書き方を紹介します。

  1. 彼氏の誕生日に手紙を書くのは重過ぎる?
  2. 無理に特別感を出そうとしない
  3. 彼氏がプレッシャーとならないような手紙
  4. まとめ


彼氏の誕生日に手紙を書くのは重過ぎる?

女性は自分のために手紙を書く

女性は自分の大切な人に手紙をおくって,
普段思っている胸の内を伝えたり、
ずっと記念として大切に残してもらおうと,
期待してしまったりします。

実はそれは相手のためというよりも,
単なる自己満足である要素が強く、
書いてすっきりするだけではなく,
読んでくれている姿を想像して,
ニンマリとしていたりするんです。

彼氏にも同じように,
記念日に手紙を送りたくなりませんか。

特にさっぱりした性格の男性なら,

「口で言えばいいのに」

とか

「面倒くさいな」

と感じたりしてしまい、
それを機にちょっと面倒な彼女といった印象を,
持たれるようになってしまいます。



無理に特別感を出そうとしない

彼氏の誕生日に手紙を用意してしまうと,
渡す時にも気合が入りすぎて,
特別感を出したくなってしまいます。

そして、
あまりにもかしこまった雰囲気で渡してしまい、
相手を無駄にドキドキさせてしまうこともあります。

それは彼氏にとって幸せな瞬間とは言い切れません。

もちろん普段なかなかしてもらえない形で,
祝ってもらえるのは感激する部分もあるでしょう。

TSJ93 kokuhakujk20150208100556 TP V


しかし、謙虚な性格の男性なら,
そこまでしてもらって,
申し訳ないという気分になってしまいます。

せっかくの誕生日に一瞬でも,
そんな気分にさせてしまうのは悲しいことです。

手紙を渡すなら,

「手紙書いてみたの!読んで読んで!」

と明るく渡したり、
日頃から,
ちょっとしたメッセージを渡す習慣を作っておいた上で,渡すようにしてみてください。

それなら彼氏も気軽に,
受け取ることができるのではないでしょうか。

気持ちをダイレクトに伝える

彼氏にプレッシャーを与えない手紙

彼氏の誕生日に手紙を書くとき、
つい感情が高ぶって長々と書いてしまって、
熱い気持ちをぶつけすぎて,
後から読み返してみると,
恥ずかしくなってしまうようなものを,
渡してしまう危険性もあります。

書いた後は必ず時間を空けてから,
読み返すようにするべきです。

書いた瞬間の興奮状態が伝わってきて,
やりすぎな自分に気づくことができます。

後から書き直したくなることも多いため、
日数に余裕を持って用意しておくべきです。

内容もそうですが、
便箋の枚数だけでも,
彼氏はプレッシャーに感じてしまいます。

読む前からストレスとなってしまいますし、
これに見合った返事を待っているのか,
と思うと内心びくびくしてします。

多くの男性は何枚もの長い手紙を,
書くことに抵抗を感じる人も多く、
彼女であっても,
それはできそうにないと諦めてしまいます。

そして、気持ちに応えるにはどうしたらいいか悩み、
高価なプレゼントをお返しとして,
用意させてしまいます。

そうやって彼氏に損をさせてしまうのです。
これは望んでいた形ではないですよね。

26NJ loveahiru TP V

気持ちがダイレクトに伝わる「メッセージカード」

彼氏に手紙をおくるときは、
枚数も内容もプレッシャーを感じさせないものにするよう意識しましょう。

彼氏が手紙をもらっても,
重過ぎると感じないようにするには、
何枚も熱く書き連ねた手紙ではなく,
メッセージカードのような,
軽い雰囲気のものにした方がベストです。
夜中に集中して書くと重い手紙になりやすいため、
リラックスできる空間で,
書くようにするというのもオススメです。

それなら男性でも受け入れやすいですし、
シンプルなメッセージの方がより,
ダイレクトに相手に気持ちが伝わります。


まとめ

本当に伝えたいことは,
直接顔を見ながらの方が伝わりますが,
手紙の場合は,
普段,直接言えないようなことを, 感謝の気持ちや思いを,
シンプルに表すのがいいでしょう。

もし,手紙を書いていて,
重たくなりそうだと感じたときは,
手紙はその前段階の準備程度に,
思っておくといいのではないでしょうか。



スポンサーリンク


スポンサーリンク